駅家の平屋

駅家の平屋

『駅家の平屋』

 

土地探しから始まった今回の家づくり。

20区画のうち、南側に山が見える唯一の区画だった。

調整区域のため、今後近隣に住宅が建つことがなく、

南側の山の景色はこの先ずっと見られるであろうと、この土地を提案した。

あの山がずっと綺麗に見えるように、どう設計するか。

それが今回の家づくりの一番のテーマであった。

 

玄関からリビングへと広がるワイドな窓は、

山の尾根を横長に、山々を一望できる。

その窓とは対照的に、小さく絞ったDKの窓からは、山が切り取った絵のように見える。

そこから差し込む光が、

天井高を上げたDKの余白の中で混ざり合い、気持ちの良い空間が生まれる。

造作ソファを設置したリビングの床は、

玄関から続けてタイルを貼ることで、窓と同じく繋がりをもたせた。

どの部屋にいても山の見え方を楽しめるよう、

それぞれの窓の性格を読み取りながらつくった空間である。

 

平屋ではあるが、ロフトを作り、そこを子どもたちが寝られる子ども部屋に。

その下に、子どもたち二人の勉強部屋をつくり、

同じ空間に共同して過ごせるようにした。

 

開放的なリビングでありながら、余白と落ち着きのある空間をつくりたかった今回の建築は、山の姿を楽しめるこの土地だからこそ実現できた。

 

光・風・山の尾根を感じながら、おおらかに、

ゆとりを持った暮らしを味わっていただきたい。

  • Address : 広島県福山市
  • Type : 木造2階在来工法
  • 階数 : 地上1階
  • Year : 2023.11.01~2023.6.22
  • Construction :
  • 外構設計・施工 : SORA *niwa 高岡 征洋