NEWS UPDATE 2020.2.17.

kitokito > LIFE > 中津原の家

中津原の家

子供たちも少しずつ大きくなり、このままずっとアパート暮らしも…漠然と考えていた。 

いつまでこの子達と一緒に過ごせるのだろうと思うと、

家族との時間が過ごせる住まいが欲しくて仕方がなかった。

こうして外を眺めながら子供たちを見守る。

なんでもないこの日常がとても幸せ。

二人そろって いつものお絵描きがスタート。

お兄ちゃんの絵が気になって仕方ないようで、どうしても比べてしまう。

「なんでうまくかけないんだろう」 

負けじと密かに特訓を始める次男。

ふたつ上がったリビングが家族の憩いの場。 

子供たちは走り回れるくらい広いリビングが好きなようだ。

主人の休みが嬉しいのか、長男はずっとそばにいる。

そんな姿が愛おしい。

 

リビングに落ちる太陽の光が、時と共に移動していく。

今までは何も思わなかったことが、ここに暮らし始めて「いいなぁ」と思うようになった。

今まで気にもしなかったのに、気づく自分が不思議でたまらない。

もしかしたら、これが「豊かさ」っていう事?

 

小さいけれど、ロフトに子供部屋を。

子供たちは 自分の部屋をもらえて大喜び。

無垢の階段板と手摺が気持ち良いのか、階段を上がっては下りの繰り返し。   

 

 

我が家の第2のリビング・ダイニング。

自然の中でゆっくりくつろぎながら本を読んだり、朝ごはんを食べたり。

いつかは友達を呼んでBBQをと夢が膨らんでいく。

主人はこの場所が落ち着くのか、いつもここでゆっくり過ごしている。

その横顔は、仕事をしているときの顔ではなく、いつもの優しげな表情をしているので

この空間を創って良かったと心から思う。

 

家を建てたいと漠然に思っていたことが、今、実現した。

当然大変なことも沢山あるが、今までになかった楽しさが家族の中に生まれた。

緑の移り変わりから四季を感じ、雲の流れや光の優しさ、自然を感じて…。

そんな事を気にも留めなかった日々が一転して、今は気がつくようになった。

そして何より、楽しそうに過ごす家族の姿を見るのが嬉しい。

私は今、この時が幸せで仕方がない。