NEWS UPDATE 2018.8.10.

kitokito > JOURNAL > 北欧の旅 Atセイナッツォロの村役場
2018.10.23.

北欧の旅 Atセイナッツォロの村役場

振り返ると6日目になっている。

残す日は後2日 朝6時30の電車に揺られ 3時間30分

フィンランド中部の街ユバスキュラの郊外、湖に浮かぶ島セイナッツォロ

深い森と湖に囲まれ、製材工場を中心に出来た比較的新しい小さな

集落。

ここにアアルト最高傑作のひとつと言われ、本人が気に入っていたという

セイナッツォロの村役場がある

この建築はコミュニティーの中心として建てられた。

役場、議場、図書館、住宅、店舗という複数の機能がまとまられているが

決して大きな建築ではない。

それぞれの役割の施設がしっかり区分されているのだが 自然というもので

ひとつの建築がまとまっている。

いやなく それぞれが寄り添う

明日はいよいよ 僕が一番行きたかった

マイレア邸です。